結婚相談所は敷居が高い?メリットの生かし方と注意点とは

結婚相談所の特長になっているのがコーディネーターの存在です。条件や好みにあわせて相手を選んでくれるため、積極性に自信が無い人や、恋愛経験が少ない人に選ばれる傾向があります。結婚に直結する出合いに繋がることが多いのも支持されるポイントです。

1.結婚相談所ってそもそも何?
結婚相談所は結婚したい男女を結びつけるための場所です。様々な企業が運営していて、それぞれのニーズに応じた多様なサービスを提供しています。
主なサービスは結婚したい男女が情報を登録し、コーディーネーターが情報を元にマッチングを行うことです。
候補が少なすぎる場合や好みの人がいない場合は条件などをかえつつ、好みの相手を探すことになります。
登録するだけで男性からアプローチを受けられる可能性があるほか、結婚相談所が主催する婚活パーティーで出会いの場を広げることもできます。

2.結婚相談所のメリットはコーディーネーターの存在にある
結婚相談所を利用する最大のメリットはコーディーネーターの存在です。婚活をしようにも勝手がわからないという男女は多く、結婚の最大に障害になってしまうこともあります。
コーディーネーターは条件や趣味などの指定に合わせてマッチングを行ってくれるのが特長で、条件が一致する男性を見つける手助けをしてくれます。
良い男性と思っても、なかなか踏み出せない女性の背中を押してくれるなど、「ちょっとしたおせっかい」がプラスになるケースも多いのです。
男性の入会年収に条件を設けている結婚相談所も存在するのもポイントです。結婚相談所に登録している時点で審査基準を超えていることが保証されるため、安心感を求めて利用する人もいます。
ネットではなく、実際に顔を合わせてやりとりをしてみたい人にも好まれる傾向があるのもポイントになります。再婚など目指す人が利用することも珍しくなく、パートーナーを亡くした男性が利用しているケースもあります。
結婚相談所主催の婚活パーティーに参加できるのも魅力です。婚活パーティーのみの参加が可能な結婚相談所も存在し、自分がかけられる時間に応じて使い分けることができます。
人に選んでもらうよりも自分で相手を見つけたいという人も利用できるのです。
統計やデータを活用してマッチング率を高めるなど、独自サービスを提供する結婚相談所も誕生しています。

3.結婚相談所を使うデメリットは費用面にある
結婚相談所を使う最大のデメリットは費用の高さにあります。入会費や年会費を合わせると数十万円単位になってしまうことも多く、利用をためらう原因になります。
お金をムダにしないためには、利用目的を明確にしておく必要があるため注意が必要です。漠然と結婚したいという理由だけで結婚相談所に登録しても時間がムダになってしまう場合があるためです。
結婚をしたいのであれば、結婚に何を求めるかを具体化し、相手に求める内容も絞り込んでおく必要があります。絞込みが甘ければコーディーネーターの力を借りてもミスマッチが頻発し、婚活がうまくいかない原因になります。
また、地域密着型の結婚相談所の場合は、登録者数自体が少なく、選択肢自体が少ない原因になりがちです。全国区のサービスで広い範囲で相手を探した方がプラスになるケースもあります。
登録の前に調べておいた方が良い情報も多いため、利用したから結婚できるというわけでもないのです。

4.まとめ
結婚相談所は年収などの審査が厳しく、経済的に余裕がある相手を見つけやすいというメリットがあります。一方で、入会費や年会費などの費用面が高くなる傾向があり、婚活マッチングアプリなどが利用される理由にもなっています。
結婚に対する目的意識をはっきりさせ、コーディーネーターの存在をうまく利用することが結婚相談所活用のポイントになっているのです。